年長組の活動のひとコマ
「畑の活動」
子どもたちが年中組の頃に植えた「じゃがいもの種芋」。園から程近い畑に足を運ぶ度に、順調に育っている様子を見てきたこともあり、今年のじゃがいも掘りは例年と違った姿に出会いました。

「この辺のおいも、オレが植えたやつかも!」と何とも得意げだったり、絵の中に「これ種芋!」と小さく描いていたり・・・これまでの経験がしっかりとつながっていることを実感しました。 また、一学期だけで、園の畑でごまや落花生の種まきやさつまいもの苗植えを体験し、さらに年長組さんだけで野菜を育てる「年長組ファーム」には、みどり組がインゲン、あお組がオクラの種をまいたりと、畑とたくさんふれあう時間を持ちました。

そんななか、保育者も感心した思わぬ出来事がありました・・・落花生の一部が鳥に食べられてしまったのを見て“がっかりするかな・・・?”と思っていたところ、「わぁ〜中だけ食べちゃうんだ!」「だからこうやって網をするんだね」と感心したような声が聞こえてきたのです。さらに、なかなか育たないオクラに「大丈夫かな?」と心配する姿もあり、子どもたちの「状況を受けいる力」や「やさしさ」を垣間見ることができました。

年長ファームでは、トマトにキュウリ、ナスにピーマン、そしてシシトウ、オクラ、インゲンなど、様々な野菜が日々育ち、驚きと喜びでいっぱいの子どもたちです。水やりや雑草取りをしたり、花の咲いたところに実がなることを学んだりと、収穫までにいろいろなことを体験していきます。収穫した野菜は、お昼にお弁当と一緒にいただいたりすることも。なかには「あれ?おいしい!」と苦手だった野菜が食べられるようになる子もいたり、園で食べたごま和えをお家でも作ってみたりと、食べ物への関心が広がっている様子です。
〈 活動のねらい 〉
畑での活動は、収穫だけではなく種まきや苗植えも体験し、その生長を知ることで新しい発見と驚きを実感しています。行き帰りの道のりでは交通安全を、クラスでは食べ物の大切さを学んだり、体験したことを絵に描いたり、不思議に思ったことを調べたりと、いろいろな形に変化しながら子どもたちの興味の幅を広げていきます。